正社員に今人気の安定職とは?

お仕事探しする際に必ず意識するのが正社員募集の文字。待遇、人間関係で判断する前に安定職を知ることが今後を人生を大きく左右するかもしれません。後悔しない選択をしたい人必読です。

正社員になっても不安な将来

正社員になっても倒産やリストラに危機感を抱いている男性社員

不況の今の時代では正社員になることが出来たからといって、将来安泰というわけではありません。正社員になれば簡単には解雇されることはありませんが、会社側が本気で切ろうとしてくれば切ることが出来ないわけではありませんから、正社員とて絶対に安泰というわけではありません。特に近年は一流企業とよばれるような会社であっても倒産をしてしまったり、倒産の危機に陥って大量の人員整理をするということは少なくありませんから、そうでない会社に勤めている人からすればいつそれが我が身に降りかかってくるのかということを考えると落ち着かないものです。そのため、正社員になることが出来たからといって満足せずに更に上を目指すように、資格をとったり将来に役立つ技術を身に付けるようにすると良いでしょう。人から雇われてお金をもらうだけが生活をするための手段ではありませんから、自らの手でお金を稼ぐことができる方法というのを考えておくというのも大事なことになります。多くの会社では副業が禁止されていますから、会社に生殺与奪権を握られた状態となってしまっているわけなので、いきなり仕事がなくなってしまってもそこからすぐに稼ぐことができる何かを身に付けて置くことは生活を安定させるために重要な事になります。稼げる資格、仕事に困らない資格や技術があればいざというときのことを考えても安心して生活をしていくことができるので、将来の不安も緩和されることになるのです。最悪職を失ってもなんとかなるという保険があれば、正社員の簡単に解雇されないという強みは非常に大きなものとなってきますので、正社員になっても将来に不安があるのであれば自らの手で稼ぐことができる能力を身に付けておくのはとても有意義なことになります。

正社員になる前に確認するべきこと

正社員になる前にに確認することについて説明する男性

正社員として会社や企業に就職する前に確認すべきことは5点あげられます。1つ目は雇用保険、健康保険、厚生年金といった社会保険にきちんと加入しているかどうかです。2つ目は給与はいくらなのかです。可能であれば基本給はいくらなのか、そこに家賃手当や通勤手当などはつくのか、また手当て込みでいくらであるのか知っておいたほうが良いです。また支払方法は月給制なのか、年俸制なのか、職種によっては日払いのこともあるので自身の生活や貯蓄そして支払いに見合うのかどうかを判断しましょう。3つ目はボーナスはつくのか、つくのであれば支給額や支給日は決まっているのか、それとも業績や成果に応じた歩合制であるのかなどを知り、年収でいくら自分の手元に入るのかを明確にしておくことも大切です。そして4つ目は休日や休暇についてです。普段は土日祝日が休みなのか、シフト制の変形労働で決まった休みはないのかといった日々の休日はもちろん、有給休暇の日数や取得率、さらに育児休暇などの充実度や取得率も確認しておくことで長く勤められる企業かどうかを知りましょう。家族と過ごす時間や自分の時間も大切にしたい場合にも兼ね合いを考えて就職するかどうか判断する大切な基準になります。最後に5つ目ですが、職場の環境を知ることです。人間関係や仕事の度合いもそうですが、大切なのは上司が働きやすい環境を積極的に作っているかや、残業が当たり前のような劣悪な環境で社員が過ごしていないかなどを口コミや同業者や近しい先輩などから聞いて知っておきましょう。
正社員になるということは継続してそこで働き、社の方針に沿って仕事をするということです。そう簡単に辞められるものでもないので、正社員になる前には就職先の環境や雇用内容を細かく確認し、可能であれば契約内容や福利厚生の証明書などをすべて書面にして受け取り証拠として持っておくことが望ましいです。

業種で異なる正社員のお悩み

自分の業種について悩みを抱えている正社員達

仕事にはさまざまな業種があります。契約社員やアルバイトならば、仕事に対する義務や責任を負うと言うことは少ないので、気楽に仕事をすればよろしいですが、正社員ですと、ご自身の仕事の責任をとらなくてはなりません。業種によって悩みはそれぞれですが、分類しますと、客商売をする仕事か肉体労働をする仕事に大別されるのではないでしょうか。客商売はどのような業種でも、営業部隊がいますおで、どの業界に入りましても、お客様の対応をしなければならない部署があります。コールセンターやお客様相談室などでも、お客様に丁寧に接することが必要です。飲食店やスーパーの場合ですと、全て従業員がお客様に対する仕事をしていますので、対人関係を良好にできるような人でなければ、採用されることはありません。一方、肉体労働をする人は、人を相手にするというよりも機械を相手にして仕事をしています。工場の現場作業者などが該当します。人に気遣いする必要はあまりないのですが、肉体的にかなりの負担がかかりますので、若い人でなければ仕事ができないと思われます。大別すると以上のようになりますが、どちらの仕事にしても、取引会社との付き合いや、組織の中で仕事をしている以上、他部署の人との連携が必要になります。ですから、コミュニケーション能力があることが必須条件です。人とうまく話ができなければ仕事を円滑にこなすことは無理だと言っても過言ではないです。組織内の人間関係さえクリアできれば、いくら厳しい仕事でも何かあれば、仲間が助けてくれますし、気持ちの切り替えができます。しかし、同僚や上司ともコミュニケーションがとれず、お客様に対しても気をつかわなければならない状況ですと、ストレスをためるばかりで仕事を円滑にすることはできません。